消費税と納税義務の特徴

サイトマップ

トップバナー

会社設立にかかる消費税

予定確認

新設会社の消費税

新設会社の消費税についてご紹介いたします。消費税は、中小事業者の申請と納付の事務負担といったものを考えた上で、前々前の売上高の消費税の対象となる売り上げが1千万円以下の事業者は、納税義務を免除する制度が造られました。なので、新しく設立した法人には、前々期が存在しないので、設立の1期と2期は原則として、免税事業者に値しているのです。ですが、新設法人で資本か出資の金額が1000万円以上になっている法人では、納税義務を免除出来ないのです。

社長イメージ

納税事務があるかないか

ということは、消費税の申告と納付の事務負担が十分に行えると捕らえられるからといえます。なので、消費税の納税といった点から考えると資本金が1000万円未満で会社の設立を考えた方がお得であるといえるのです。そして、納税事務があるかないか決めるのは、事業者単位で行うことになるので、法人が行う個人事業者と法人が行ったあとの法人では、別々に考えるということになります。

例を挙げれば個人事業者であっても売り上げがとても少ない状態で、消費税の納税義務が免除されたとしても、設立する際の会社の資本金が1000万円以上を準備してしまったのであれば、新設会社では、設立1期目から納税義務者になってしまうということなのです。反対に、法人成りする前の個人事業者の前々年の売り上げが1000万円を超えているケースであっても、新設する会社の資本金が1000万円以下となっていれば、前々事業年度の課税売上高に値せず、その課税売上高が存在しないことになるので、納税義務に値しないということになることを覚えておきましょう。

納税義務

ビジネス世界のイメージ

そして設立の3期目以降の納税義務があるかないかの判断は、前々期の際の売上高で決定することになるのです。設立の1期目は、大体1年という計算でない場合が多くあります。そういった際には、1年に適した換算を行った金額から判断されることになっていることを覚えておきましょう。

よりよいコスト削減にも繋がる

ポイントその事を具体的に紹介するのであれば、前々 期の売上高が前々期の月数で割った学に12をかけたのちの答えの金額によって判断されるとい うことを覚えておきましょう。少し難しい説明になってしまったかもしれませんが、こういったこと を覚えておけばよりよいコスト削減にも繋がると思います。コストをどこまで 効率的に削減できるかが会社成功のカギであることを常に意識しましょう。経費削減というのは会社の命に近い部分でもあるのです。

会社設立の必要書類の基礎的知識