失敗しないためにはチェックが大切

サイトマップ

トップバナー

会社設立の際の失敗

失敗イメージ

会社設立の際に起こる事の多い失敗について

ここでは、会社設立の際に起こる事の多い失敗について紹介したいと思います。最初に紹介するのは、「友人やビジネスパートナーに株を持たせすぎ経営を介入された」ということについてご紹介します。開業資金が足りていない時には、外部の資金を得る方法しかありません。出資者は基本的に株主総会の議決権を手にすることが可能です。外部者の議決権割合が過半数となっていれば、経営者が追い出される可能性が出てくるのです。

3分の1以上であれば、議決権を持ってしまうので、特別議決での可決が困難になり、経営が難しく成ります。定款、株式、組織関連の決議は、単独での可決が不可能になります。ですが、初めのうちは、資本が不足しているので、第三者の資本は避けて通れない道となっているのです。会社の設立をする際にストックオプションとして少しずつ経営者の持分を上昇させていかなければなりません。種類株式による対策もとても効果的であることを覚えておきましょう。

お金イメージ

関節人件費が高くなりすぎている

次に紹介するのは「関節人件費が高くなりすぎている」という問題についてです。会社という1つの組織は、とても大きな雑用が出てきたりするので、企業語少し立つと関節スタッフの存在を欲するようになります。ですが、創業した直後であれば、経理と総務のスタッフの採用は控えたほうがいいでしょう。それは、中小企業が雇うことの出来る関節人員のレベルは、明確には決定していないからです。ですが、週3日のパートであってもかなりの支払い金額となってしまうのです。外部への報酬ばかりを考え、一番高額のコストとなる社員やパートへの給与はチェックが甘い会社と思われるのです。このような手順を行っていては、会社はすぐに倒産するでしょう。

アウトソーシング

アウトソーシングイメージ

専務や経理の仕事は安い外部のアウトソーシング先に依頼したほうがいいでしょう。そして次に紹介するのは「主要取引先が倒産し業績が落胆した」という問題です。こういったトラブルは良くある話です。倒産したのは仕方がありません。他の顧客を探すしかないのです。ですが、いつもからとても重要な顧客が倒産した際に備えながらリスクの管理を行わなければ成りません。これからの売上が減るだけならまだ会社はあるのでいいですが、過去の売上からみてお金が見回収の状態であれば、会社が致命的な打撃を受ける他成りません。

試算表などのチェックを

ポイント売掛金が未回収になっていると、利益分のみでなく、原価の分すらも回収が不可能になるのです。常日頃 から売金の回収情況と残高の増加割合を目を光らせて観察してお かなければならないでしょう。経営者本人が、試算表な どのチェックを毎月きちんと行えばこのようなトラブルは避けられるでしょう。 案外人数が少ない会社ではこの毎月の試算表などをしっかり作っていないので、 売上などがあやふやなケースが多かったりします。このような会社は会社自体があまり信用できるとは言えませんよね。

会社設立の必要書類の基礎的知識