設立日登記でありがちな誤解と真実について

サイトマップ

トップバナー

設立日登記の誤解と真実

書類作成の様子

1日で会社登記が終わる訳ではない

会社の設立を考えている人は、会社をなるべく早く設立したいと思っていると思います。そういったように感じている人は会社設立の代行業者のHPに記載されている「設立まで最短1日」などというキャッチフレーズを目にすると思いますが、実際には、1日で会社登記が終わる訳ではないのです。思っているより大勢の人が勘違いしているようです。 会社の設立日登記について、ご紹介いたします。会社設立まで最短1日で作成が出来ると思うと、心が躍らされ、会社の登記の完了が1日で終わるのかと勘違いしてしまうと思いますが、実際には、最短1日と提示してあるのは、会社登記に必要となる書類を作ることを1日で行っています。ということなのです。

惑わされないようにしなければなりません。会社設立日登記とは、法務局に会社登記の申請を行った日付の事です。申請内容に間違えた点があれば、改めて法務局に足を運び、書類の修正をしなければならないのです。企業準備で様々なことに時間が必要になっている時に、2度も3度も法務局足を運ばなければならないのは、とても大変です。そういった事を防ぐためにも、会社設立登記を扱うことに慣れている行政書士に依頼する方法が1番適切だといえます。会社設立には、行政士が面談を行う場合と、首都向圏けのサービスと、メールなどでのやり取りを行うケースのものがあります。

コースを選ぶ人達

各コースで選ぶ事が出来る

どの会社設立だとしても各コースで選ぶ事が出来るのです。先に述べた2つのサポートは、 サービスの内容と質にこだわっているものが多くあるので、2つのコースの内容を確認し、検討してみてください。そして、会社の瀬筒美登記を急ぐのであれば、そういった気持ちは皆さんがもっているもので、事情や理由も様々なものがあるでしょう。

印鑑証明書

証明書イメージ

そういったように急がなくてはならないのであれば、全ての発起人の印鑑証明書を急いで準備したり、社名の印鑑印を急ぎで手にする必要があり、会社登記に必要不可欠な書類を行政書士がすぐさま造ることが可能となるように、協力してもらえればとても心強いと思います。

HPを有効活用する技術が求められる

ポイントそして、依頼者と協力し合いなるべく早くするために、行政士 が活躍しているところもあります。ですが、それぞれ方針が異なっているので、HP活用支援も違っ てくるのです。新規に会社を設立しようと考えているのであれば、新規の会社を設立する際には、ネット で販売している会社でなくても、HPを有効活用する技術が求められ るのです。知識がないから、と思ってしまうようであれば、独立しても失敗するだけです。 。

会社設立の必要書類の基礎的知識