失敗が許されない登記用紙と同一の用紙

サイトマップ

トップバナー

登記用紙と同一の用紙

電話で打ち合わせ

失敗は絶対に許されない

登記用紙と同様の用紙があることを、知っていますか。登記用紙と同様の用紙は、法務局に設けられている登記簿のファイルの中に入っているもので、謄本といったものに良く使用されているとても大切な書類です。記載する内容は、いままでに作成した定款や発起人会議事録といった物で決定された事項をそのまま記載しなければなりません。ですが、失敗は絶対に許されないのです。一文字一句間違ってはダメです。

きちんと書き写さなくてはなりません。多少でも異なってしまえば、うけつけてもらえないのです。OCR用紙の記入についての注意点についてご紹介いたします。ワープロなどを使用しなければならず、使用するインクは黒を使用しましょう。文字の種類や大きさは同一のものでなければなりません。途中で大きさとフォントなどを変更してはダメです。そして、文字の大きさは10.5から12ポイントのサイズを使用した方がいいでしょう。そして、一行あたりの文字ですが、大体35行程度で使用したほうがいいでしょう。

確認する女性

氏名を記載する際はスペース無しで

そして、35字を超えてしまった時には、次の行に改行しなければなりません。資本の学など 数量には、アラビア数字を使用しなければ成りません。称号や本店、視点の住所、氏名を記載する際に、スペースを混入しないようにしなければなりません。OCRの用紙の書き方ですが、最初に称号を書きます。そしてのちにページ数を書きます。書き方は1/2といった形で書きましょう。これは手書きで問題ないです。

正確に書く

正確に書く

ですが間違えないようにしなければなりません。そして、称号を正確に記載しなければなりません。特に間違えやすいのが、株式会社などですね。略して書いてはダメです。そして、本店所在地を正確に書きます。のちに、広告の方法を定款の条文に従いながら記載しなければなりません。定款の弟4条に記載してあります。定款の弟2条の目的を書きます。文字の表現には、定款を書くことと同様にしなければなりません。

記載内容は一致させること

ポイント発行可能な株式総数と、発行済の総数、資本金額といったものをきちんと記載しなければ なりません。そして、その記載内容は一致させることを覚えておいてください。そして、株式の譲制限などに関係している事項を定款の条文 に従いながら書いていきます。定款の弟7条に書かれています。役員に関連している事項についてですが、代表取締役となる 取締役の名前、他の取締役の名前、弟行取締役の住所、氏名、監査役の氏名といった順番で記入しなければ成りません。そして 、法人代表印を押します。最後に、登記記録に関係している事項を、設立と記載してください。記載内容に漏れがないか、記載内容がしっかりと一致しているかを しっかりと確認しないと、ミスがでて大変なことになりますので、注意しましょう。

会社設立の必要書類の基礎的知識