個人で行うには努力と経済力が必要

サイトマップ

トップバナー

手続きを個人で行う

スタッフ達

株式会社の設立方法は2種類

自分1人で会社を設立しようと考えている人は、今現在とても多いのではないでしょうか。株式会社の設立の手続きは、何度もある訳ではないので、勉強のため、自分で行うととても効果的です。専門家の話しや、アドバイスを聞いてみるのもとても効果的なのですが、自分で定款を作って、会社の機関を考えたりすることにより、やっと自分の会社の中身を知る事が可能となるのです。設立した後の経営も、其の知識がとても役に立つのではないでしょうか。株式会社の設立方法は、2種類ほどあります。

打ち合わせ風景

発起設立と募集設立

株式会社の設立方法は、発起設立と募集設立の2種類となっています。発起設立は、企業の企画者の発起者が、会社設立の際に発行する必要書類の手続きを全て行うことにより、設立される方法のことです。更に、自分で資本金を出し、会社を設立するのであれば、発起設立の方法で会社を設立することになる事を覚えておきましょう。そして、募集発起とは、発起者が設立の際の発行株式の一部を行い、残りは、別の株主を募集し行う方法となっているのです。

募集設立は、発起者以外の外の人間から、出資を受ける事が可能なので、発起者の負担が多少なりとも軽減できるというメリットがあるのですが、その反対に、設立手続きがとても厳しいので、出資者を見つけなければらないなど、発起設立と比較すると時間も必要で、必要もかかりってしまうことになるのです。

必要な期間

会議中の風景

手続き面では、発起設立の方が簡単なので、基本的には発起設立の方法を利用し、会社設立を行うことが多くあるのです。発起設立により、会社を設立する際に必要な期間は、大体10日前後となっているので覚えておきましょう。1日で会社を設立することも出来るのですが、よっぽどの事情がないのであれば、設立事項をきちんと考えながら、少しの時間をかけたのちに、丁寧な手続きを行ったほうがいいでしょう。先に述べた事で分かったと思いますが、実際の会社設立にはとても長い期間と費用が必要になっているのです。

努力と経済力が必要

ポイントそして、このほか にも必要な書類は多くあるので、きちんと勉強したのちに、会社設立を行わなければならないでしょう。会社設立の際のチームワーク がこれから会社を経営して行く上でも大切になるので、コミュニケーションは大切にしましょう。 そして、個人事業であるなら、周りからの信頼を得るための努力と経済力が必要になります。経済力が必要なのは、株式会 社でも同様となりますが、個人で起業する場合には、全ての責任が自分にかかってくると考えていい のです。社長であり、会社の舵を取る人間であるあなたが、しっかりして会社を成功させないと、失敗した場合の責任は 全てあなたに降りかかってくるのです。会社設立というのはこれまでと異質の世界だと思いましょう。思っている数倍以上の 苦労があると思って大丈夫です。

会社設立の必要書類の基礎的知識