設立費用は少し多めに見積もる

サイトマップ

トップバナー

株式会社の設立費用

電話をする女性

慎重な設立方法を

株式会社の設立費用についてご紹介していきます。株式会社の設立に必要な費用は、ざっとみても見積もって大体30万円程度必要になるのです。資金がゼロの状態での設立は不可能です。甘い広告に惑わされないようにしなければなりません。そしてそのような広告に誘われ簡単に設立しようと考えないように、後悔しないようにしなければなりません。慎重な設立方法を考えなければなりません。

PCをする女性

電子定款を作る作業は行政書士への依頼を

紙で作る定款であれば、定款印紙代が4万円程度必要になります。ですが、電子定款であれば、 印紙代の4万円は不要となります。ですが、自力で電子定款を行い、認証を受けるのであれば、とても手間がかかり大変になります。ですが、作成するだけであれば、とても簡単です。とても面倒だと感じる人は、電子定款を作る作業を代行してくれる行政書士への依頼を考えるといいでしょう。大体の行政書士は、印紙代4万円以下の手数料を見積もり、電子定款の作成代行と、定款の原案を作ってくれるのです。更に、定款に記載する内容のアドバイスも行ってくれます。定款の表紙には、大体お飾りとなってしまうことがあります。

なので、定款の枚数は、基本的に表紙は枚数として数えられないことになるのですが、表紙の裏に収入印紙を貼り付けたのちに、更に、割印を押し、表紙の裏面が定款の一部を作る時には、枚数に数えられることがあります。更に、定款のサイズは一般的なA4でもB5でも何の問題もなく認証が可能となっていることを覚えておきましょう。そして、残高証明書の発行手数料は、各地の銀行により異なっています。そういった事を知りたいのであれば、銀行に問い合わせるといいでしょう。

必要な費用

費用イメージ

費用の詳細についてご紹介したいと思います。公認役場で必要となる費用について の紹介です。定款印紙を電子定款で行わない場合、先に述べたとおり4万円が必要になります。そして、定款承認の手数料は5万円となり、定款謄本取得代は大体千円程度となっています。一枚の値段は250円です。銀行で必要となる費用ですが、残高証明書に大体先円必要になります。そして法務局で必要となる必要は、設立登記登録免許税ですが、資金の7/1000となり、ですが15万円を下限とした場合15万円必要になります。

案外費用がかさむので注意

ポイントそのほかで必要な費用ですが、登記簿謄本取得費が5通の時は、大体5000円が必要になります。 そして印鑑証明書も5通だとしたら2500円が必要になります。更に、印鑑作成や、各種諸経費は大体5万円程度が必要 になります。そしてこの費用を合計すると299500円が必要になるということになり ます。案外費用がかさんでしまうものなのです。会社設立自体は資本金が0でもできるようになりましたが、無 料でできるものではやはりないのです。県によっては助成制度があり、それらを活用する事もできますので、市役所などで 話を聞いてみてもよいでしょう。または商工会などで斡旋してくれることも多いので、こちらも行ってみましょうね。 商工会議所というとマイナスイメージが強い人が多いのですが、実際は全くそんなことはなく親身に相談に乗ってくれるのです。

会社設立の必要書類の基礎的知識