資本金は適度な量で

サイトマップ

トップバナー

資本金の準備

ビジネスツール

資本金をどれほど準備するのか

資本金をどれほど準備するのか悩む人は、とても多くいると思います。平成18年5月に会社法施行に従い、資金金が1円以上あるならば設立が可能となりました。ですが、実際資本金を1円で何も考えずに設立してしまうと、結局あとで面倒な手続きが必要になってしまうのです。会社の設立の際に用意する費用は30万円程度必要になります。こういった費用は、計算され税務で社会負担となることが多くあるので、事実上は、会社負担にした方が効果的だと思います。

ですが、もしもし本気が1円で、そして、設立費用を会社負担にしてしまうのであれば、設立したその日から、会社の借金が出てきてしまうのです。会社借入後にすぐに返済できる額や、余裕があるのであればいいのですが、実際に売り上げが出ていない状態であるので、会計処理上、返却は不可能だと言えます。社長借入で会社側から 利息を支払うように設定するのであれば、支払利息は、未払利息といった会計処理を行わなければならないのです。

ネクタイイメージ

社長借入なら支払い利息の問題は発生しない

社長借入であれば、支払い利息を計算せずとも問題は発生しません。なので、実際に設立費用を準備する余裕名資金を持っているのであれば、それに適した額を出資金として提示する方法を行ったほうが、得策であるといえるのです。最終的な判断を下すのはあなたなので、全てをこのとおりにして下さいと言っている訳ではないのですが。そして、会社設立した後にすぐ売り上げを計算したのちに、その代金を瞬時に回収が可能であるのであれば、これといった問題はないと思いますが、現実問題売り上げを先に考え、給与の支払いと会社保険料、源泉所得税の支払い、備品、消耗品の購入、電話工事の費用などが必要になってくる時、会社設立が終わったのちに、少しの間はお金が減るばかりです。

社長借入

電卓

なので、こういったことに適している額を会社の費用として準備しておかなくてはならないでしょう。更に、それを支払う余裕がないのであれば、先に述べた設立の費用と同様に、社長借入により、カバーが必要になるのです。社長の役員の報酬を支払うために、社長が借入を行うというのも、とても大げさな話しですけどね。なので、実際には、会社設立費用、給与2ヵ月から3ヵ月分、設立開始した最初の消耗品への費用に対する額は、資本金としてみて置いたほうが良いでしょう。それは、実際に必要となる必要は、個人の設立情況によって違ってきますが。

資本金を1円で考えるとのちに面倒

ポイント 更に、現金商売を行っていない時、掛売上や通常の代金回収の方法による商売を行っている場合は、 売上金を回収する際に、早い期間で、1ヵ月から2ヵ月は必要期間として 考えたほうがいいでしょう。そういった事をふまえた上で、資本金と出資金額を設定 しなければならないのです。資本金を1円で考えていると、のちに面倒がふりかかるのです。 先々のことを考えると、資本金のこともしっかり考える必要があるのです。この辺りも失敗しないコツですので しっかり意識しておきましょう。

会社設立の必要書類の基礎的知識