安くする鍵は電子申請

サイトマップ

トップバナー

資本金を安くする方法

メモを取る人

基本的に安く設立することが可能

自分個人で、会社設立を行うのであれば、基本的に安く設立することが可能となっています。 余分な人件費が必要にならないといった事も当たり前ですよね。ですが、多少条件があるのです。なので、ここでは、実際の会社設立の費用と、費用を安くするための方法をご紹介いたします。まず、会社の設立費用です。結論から言わせてもらえば、合同会社で6万程度、株式会社で、20万250円程度必要になります。この金額が一番低い費用となっています。ですが、これのみの設立は難しいでしょう。電子申請を行えば、安くなり、3000円引くことが可能となるのです。

打ち合わせする二人

安い費用なら合同会社がオススメ

費用を安くするためには、合同会社をオススメします。合同会社という言葉をあまり耳にした事がない人は、何のことだろう疑問に思ってしまうと思います。そういった人はとても多くいます。なので、ここで分かりやすく説明したいと思います。合同会社は平成18年の法改正により、有限会社が設立が大きく浸透し誕生した新しい形式の会社となっているのです。出資者が少ない個人経営の会社には、とても適した形態となっていて、とても新しい形状の会社となっています。

そして、人経営の会社にも適していて、更に設立の際の手続きも通常のものより簡単な物が多くあります。とてもリーズナブルに設立が可能であることが魅力の1つです。そして、合同会社は、知名度があまりないということがデメリットになりますが、現在は年間に1万件近くの設立件数があるのです。そして、数年たてばどんどん有名になってくるのではないでしょうか。そして、会社名と屋号は豊富にあり、とても多くの種類があるのです。

有限会社

書類棚

ですが、そのような会社は、あまり会社名を全般に出さずに、経営している物だけが有名になっていっているのです。そして、現在知名度があがってきたアップルは日本法人となっていて、この会社は合同会社なのです。合同会社であるからといって、不利になる事が少ないことを理解してもらえましたか。小さな会社であるのであれば、合同会社の設立を考えたほうがいいでしょう。

様々な方法で費用を安くすることが可能

ポイント実際の 有限会社のような個人経営の会社設立を考えるのであれば、合同 会社のほうが効果的でしょう。これ以外にも様々な会社の形態があるのです。 なので、費用の削減を考えるのであれば、その様々な形態のデメリットとメリットを きちんと理解しておかなければならないということを覚えておきましょう。あなたが 考えている設立方法の他にも様々な方法で費用を安くするこ とが可能なのです。自分がこれから行う事業内容などをよく精査して、どの形態が自分にとって一番よいか決めましょうね。

会社設立の必要書類の基礎的知識