登録免許税の用紙と手順について

サイトマップ

トップバナー

会社設立の登録免許税の納付

チャートイメージ

登録免許税の納付について

登録免許税の納付についてご紹介いたします。登録申請には、登録免許税が必要になることを 覚えておいてください。会社に登記する時の手数料の役割をするものとなっていて、登録免許の納付を行っていなければ、登記を受理してもらえないでしょう。登録免許税は、払込資本均の0.7%と決定されているのです。ですが、株式会社であれば、最低金額は15万円と指定されています。例を挙げれば、資本金が1000万円であれば、その0.7%に値するのは、7万円となりますが、登録免許税として15万円を支払う必要があるということになります。

そして、登録免許税の計算に1000円以下の端数が出てきた場合には、その端数を切り捨てることが可能です。例を挙げれば資本金が3550円の費用で、会社を設立するのであれば、3550万円の0.7%なので、24万8500円ということになるのですが、1000円未満の端数は、切り捨て形式となっているので、24万8000円だけでいいということになります。登録免許税の納付方法について紹介します。納税の方法は、大きく分けて2つあります。各地の法務局により手順が異なる場合があるので、事前に確認しなければならないのです。

街イメージ

登録免許税の台紙の用紙に指定はない

では、最初に収入印紙での納付を行うケースについて説明いたします。まず、 登録免許税額分の収入印紙を購入し、登録免許税納付用台紙の中央に貼り付ける必要があります。登録免許税の台紙の用紙にこれといった指定はありません。なので、法務局の窓口で登録免許税納付用紙もらえば、無料で用紙の配布が 行われているのですが、こだわらないのであればA4やB5の白いコピー用紙でも問題ないでしょう。

登録免許税納付用台紙

登録免許税納付用台紙イメージ

消印は必要ありません。大体の法務局で、こういった方法が行われています。 そして次は、現金で納付するケースの紹介となります。まず、登記申請より事前に、法務局が指定する銀行への振込みを行う方法になります。登録免許税を振り込めば、銀行側が2つ織りになった領収証と領収書の控えをくれるので、この領収書と領収書の控えを、登録免許税納付用台紙の中央に貼り付けてください。この際に、控えは切り取らずに2つ織りの状態で内側に織り込む形で貼り付けましょう。

台紙と領収書の間に封印を
封印イメージ

ポイントそして、台紙と領収書の間に 封印を押してください。印鑑は、申請人か代理人のものを使用しなければ なりません。そして、収入印紙と領収書とどちらであっても、一度貼ったものをは がし、貼りなおした跡があれば、受け付けてもらえないので、間違 えないように慎重に行わなければなりません。かなり厳しい項目になりますので、ここはしっかり気を付けましょう。

会社設立の必要書類の基礎的知識