資金と運営手順が簡単な会社

サイトマップ

トップバナー

形態と資金

チーム

会社の形態がある

会社設立の際に「会社には形態がある」ということを知っておきましょう。最初の形態は、株式会社です。1000万円以上の資本で開始する設立する形です。 会社の規模はありますが、会社に対し出資する株主と出資した財産を運営する経営者を分ける会社の形態になります。ただ、小さい中小企業では株主イコール経営者のケースがとても多いです。 こういった会社は、オーナー会社と呼ばれ、経営者は オーナー経営者と呼ばれます。

とても大きな会社でとても有名な会社が多くありますが、オーナー会社のような形態で現在も 運営しているところもあるのです。次に紹介するのは、有限会社の紹介です。有限会社の 株式会社は、機能的な面を活用しながら300万円以上の出資で開始できる設立方法と なっています。小資本や、商人数の形態の会社となっています。株式会社と比較して、 設立の手続きと運営手順がとても簡単となっていて、株式会社と同様の機能もあるので、 とても便利な会社の形態となっていると思います。

エレベーター

合名会社について

そして、商社などは、有限会社の形態により、子会社を多く設立し、とても多くの方面の 経営を行いながら活躍しているのです。次に紹介するのは、合名会社です。個人事業者の 単体、もしくは、集合体の形態の会社になっていると考えるのが、とても分かりやすいと 思います。出資者は、単独経営であるのはもちろん、共同経営であっても個人事業の際に 同時に会社の利害関係者に対し、個人事業の際にも同様の会社利害関係者に対しての 全ての政務を行います。

有限責任

ハンドサイン

それは無限責任となっています。ですが、反対に出資者個人が代表者として権利を 持っていることにもなるのです。共同組合から発展して会社の形態となったケースが 多くあり、かなり古くからある形態の会社となっています。 次は、合資会社についてです。合名会社を多少発展させた形態の会社です。

一定のケースであれば最低資本金制度が対応されない

ポイント無限の責任を負ってしまう出資者が経営する事業体に、資本参加するのみの出資者の 有限責任がプラスされ、事業規模を大きくすることを目的にした形態の会社となっています。 合名会社から株式会社、有限会社のような会社の形態にうつる際、中間の位置に値するのが、 合資会社となっているのです。そして、余談となりますが、平成15年2月1日以降に設立した 株式会社と有限会社は、一定のケースであれば最低資本金制度が対応されなくなりました。今はもう有限会社を 設立することはできませんが、昔設立した有限会社はまだそのまま継続できます。ただ今説明したように 変更点などもあるので、注意が必要です。

会社設立の必要書類の基礎的知識